動物病院でペットの健康を考えよう
来院する動物の症状
骨折

動物でも犬の骨折の場合は、交通事故での骨折がかなり多くあります。骨折をすると、歩行障害とか、神経麻痺や排便や排尿するときの障害などの症状が出ます。骨折で来院した犬の治療は、多くはステンレス製のピンなどで固定しますが、軽い場倍はギブスでの固定になります。

猫の骨折も交通事故が原因のものが多く、次いで高いところからの落下です。交通事故での場合は足の骨折他、肋骨や骨盤なども骨折している場合が多く、高いところからの落下による骨折では、あごの骨折も多くみられるといいます。

また、交通事故にしても落下にしても、強い衝撃を受けると神経や内臓にも損傷を受けたり、神経障害が現れたりします。命に関わる場合もありますから、緊急に動物病印で受診をする必要があります。

猫の落下事故は、ベランダに干してある布団の上に飛び乗って落ちてしまうことが多いそうですから、飼い主さんも充分注意する必要があります。小さい猫では人間が気が付かずに踏んでしまうとか、人の後を付いて行ったら、猫に気が付かず戸を閉めて骨折させてしまったとか、日常の中で猫の骨折の危険は大きいようです。骨折に気づかずに放っておくと、骨が変形してくっつくとか、変形性関節症を起こす可能性があります。歩き方がおかしかったら、動物病院で診察を受けることをお勧めします。

ペットには保険が効きません。そこで個人的にペット保険をかかる人は多く、頼れる手術の保険、などとして出ています。保険料は犬の種類によって違い、例えばミニチュア・ダックスフンドの場合は1~2歳までは1,000円で「3歳1,340円」「4歳1,590円」というように大きくなるにつれて毎月の保険料が高くなっていきます。

治療費は、例えばミニチュア・ダックスフンドが椎間板ヘルニアで治療をしてもらった場合、27万円もかかるそうですから、ペット保険も必要かと思われます。

来院する動物の症状

骨折

腫瘍

去勢

動物病院

診療時間帯

時間外診療について

受診のマナー

腫瘍専門外来

猫専門外来

ペット・問題コードカウンセラー

Copyright (C) 動物病院でペットの健康を考えよう All Rights Reserved