動物病院でペットの健康を考えよう
来院する動物の症状
去勢

ペットに去勢の手術をするのは可哀そうな気がしますが、望まれない出産を防ぎ、不幸な仔犬や仔猫をなくすには避けて通れないことなのです。そして、去勢にはデメリットばかりでなく、ペットのためにメリットもあることを知ってください。

犬の場合のメリットですが、オスの場合は早期に去勢することで攻撃性や、望ましくない排尿行動、いわゆるマーキングが減少することがわかっています。また、年を取った犬に発生しがちな、「前立腺疾患」「肛門周囲腺腫」「会陰ヘルニア」などの発生を抑えることができます。メスの犬避妊のメリットは、 発情の防止と、年を取ってから発生しやすい卵巣や子宮の病気を防ぐことができます。早期に手術することで乳腺腫瘍の発生を予防する効果もあります。

猫の場合のメリットですが、オス猫は、犬と同様早期の去勢でマーキングの排尿行動が減少します。ケンカや徘徊などが減少することもわかっています。メス猫の避妊のメリットは、発情の防止の他、猫に多い悪性度の高い乳腺腫瘍の発生の予防ができます。

そして、オスやメスに限らずケンカや交尾行動による伝染病の感染の予防にもなります。

猫の感染病には、猫エイズや猫白血病があります。

去勢をするのは可哀そうという思いと、自然のままに思われる方いますが、可愛いペットのストレス軽減や健康面からみてもメリットの方が大きいのです。飼っているペットの去勢や避妊手術をまだ行っていない飼い主の方は、この機会にぜひ、考えてみることをお勧めします。

来院する動物の症状

骨折

腫瘍

去勢

動物病院

診療時間帯

時間外診療について

受診のマナー

腫瘍専門外来

猫専門外来

ペット・問題コードカウンセラー

Copyright (C) 動物病院でペットの健康を考えよう All Rights Reserved