動物病院でペットの健康を考えよう
動物病院
受診のマナー

ペットを動物病院へ連れて行って受診させるときは、一般の病院とはまた違った気遣いが必要です。周囲の人に迷惑をかけないようにという心配りがないと人にも迷惑をかけますし、自分でも後味の悪い思いをします。

動物病院では、ほとんどが事前に電話で連絡をするようになっていますから、どんな理由で受信するかを伝えておきます。かかりつけの病院ならカルテを用意しておいてくれるので、よりスムーズにいきやすいです。もちろん診療時間は守ることと、診療時間終了間際に飛び込むことは避けましょう。スタッフがいなくなる場合もありますし、十分な検査や治療が望めないこともあります。

待合室で待っているときですが、犬は必ずリードをつけて猫や小さい犬は必ずゲージに入れて連れて行きます。猫の場合、飛び出すのを防ぐために、洗濯ネットに入れてからゲージに入れている人を見かけますが良い方法だと思います。

待合室では一か所で静かに待ちます。犬のリードはなるべく短く持ち自分の足元に座らせます。ペット同士がなるべく近づかないようにします。慣れないところへきて精神的に不安定になっているペットが、どんな加減で他のペットに攻撃するかわかりません。普段は大人いいと思っていても、予測がつかないのが動物です。普段のしつけの良さを過信しないことも大切です。

また、動物好きな人は他のペットに触れてみたい気持ちもありますが、飼い主さんに了解を取らないうちに勝手に触るのだけは避けなければいけませんし、具合が悪くて病院に来ているのですから、他のペットに触るのも、自分のペットを他の人に触らせるのも止めましょう。待っているとき、検査機器の状況他、様々な理由で順番通りに呼ばれない場合もありますが、事情があってのことが多いですから静かに呼ばれるのを待ちましょう。

診察を受ける時には、5W1Hのごとく獣医さんにわかり易い説明を心がけます。また、診察中は、言葉の通じないペットを相手に先生は神経を集中させていますから、話しかけるのは控えます。嘔吐や下痢の場合は、その汚物を持参して見てもらいます。

そして最後の会計ですが、最近はペット保険に入っているケースが多く、そして保険会社によって金額が違ってくるなど、会計も複雑になっています。必ず診察を受ける前に保険証を出してください。

このように、一般の病院とはまた違った気配りが必要なのが動物病院です。それぞれ飼い主さんの気遣いでスムーズに診察が進みます。

来院する動物の症状

骨折

腫瘍

去勢

動物病院

診療時間帯

時間外診療について

受診のマナー

腫瘍専門外来

猫専門外来

ペット・問題コードカウンセラー

Copyright (C) 動物病院でペットの健康を考えよう All Rights Reserved