動物病院でペットの健康を考えよう
動物病院
腫瘍専門外来

犬や猫のペットの動物の「癌」の発生率が年々増加しています。病気で亡くなった犬の死亡原因の47%で、猫の死亡原因の32%が癌によるものといわれていますからその多さがわかります。しかし、人間の癌と同様、犬や猫の癌も「治らない病気」ではなくなっています。早期の発見や早期の適切な治療で癌から助かる可能性も高くなっています。

ペットを飼う人が多くなったことや、癌の発生率も高くなったことから、動物病院の腫瘍専門外来ができるようになりました。多くは大学病院などにあるのですが、そこは二次診療で完全予約制という形態をとっています。そのような腫瘍専門外来での受診を希望する場合は、かかりつけの動物病院をから紹介してもらって予約をとらなければなりません。

ペットの様子が変だったり、いつもと違うと感じたら、まずかかりつけの動物病院で診察を受けます。そこで腫瘍専門外来の受診が必要と判断されれば紹介状紹介状をかいてもらうということになります。そして大学の動物病院の腫瘍専門外来では、狂犬病の予防接種が済んでいないと受け付けてくれませんから、もしまだでしたら相談をしてください。

また、腫瘍専門の動物病院は大学の動物病院の他に、各地の動物高度医療センターにもります。ある猫の飼い主さんは、かかりつけの主治医から、ペットの猫が毛玉がつまっていると言われ長いこと通ったのですが、なかなか症状が回復しませんでした。そこで心配になり、主治医から近くの動物高度医療センターに紹介状を書いてもらい、受診したところ癌と診断されています。

来院する動物の症状

骨折

腫瘍

去勢

動物病院

診療時間帯

時間外診療について

受診のマナー

腫瘍専門外来

猫専門外来

ペット・問題コードカウンセラー

Copyright (C) 動物病院でペットの健康を考えよう All Rights Reserved